爪の健康保持


爪は健康のバロメーターと言われることもあるくらいで、爪を診ただけで健康か病気に罹患しているかが判る事もあります。爪は皮膚の一部が角質化して、それが硬い層状構造になったタンパク質のケラチンで出来ています。幼児の爪を見るとピンク色のきれいな爪をしていますが、これが健康的な爪です。胆石発作を起こすようになった方の爪の色を見ますと、健康な時代のきれいな爪色と黄疸症状が出てきた時の爪色の境目が明瞭に違うのを見かけます。

こうしたことから、ネイルケアで大事な一番目は、全身状態が健康である事になります。不規則で不健康な生活を送っていたら、爪もそれに応じた汚い爪になってしまいます。日常生活で、規則正しい生活を起こり、栄養バランスを考えた食事をとるように心がけるようにします。不健康な爪は、爪の下層の血色が悪くなり紫色になってしまいます。血行不良によるもので、貧血などと似ています。爪自体のケア以外にも全身の健康にも気を遣う必要があるわけです。

次に大切な事は、爪の水分量が十分であるように保つことです。爪には水分が含まれていますが、生活環境などに左右されやすく、特に冬場の乾燥する季節では硬く脆くなります。また単純に爪の表面を磨いてマニキュアを塗るだけでは、爪の水分は十分保持できずに表面が乾燥して割れやすくなります。お肌の水分が不足するのと似ていると思ったら分かり易いでしょう。体中の肌が乾燥しないように、居住環境を整える事も必要です。

3番目に重要な事は爪のお手入れで、爪トラブル予防のネイルケアになります。爪のトラブルには、ささくれ、割れ爪、二枚爪、巻き爪などが上げられます。こうしたトラブルは、ネイルケアをしっかりと行っていたら予防できるものがほとんどです。トラブルの根本原因には、前述の乾燥に加えて栄養不足があります。つまり、保湿と栄養補給がネイルケアの基本と言ってよいでしょう。それに爪のお手入れが加わります。基本を無視していくら爪の手入れを行っても良くなりません。爪のお手入れには、爪切り、爪やすり、キューティクルリムーバー、キューティクルプッシャー、キューティクルオイル等を使用します。キューティクルリムーバーは甘皮除去に使う除去剤で、甘皮は爪の根元に細菌が入ってくるのを防いで保護してくれますが、これが傷むとささくれの原因になります。キューティクルオイルは爪の保湿に用います。

このように普段から健康に留意し、地道なネイルケアを続けているときっと爪美人になりますよ。