爪の健康保持


爪は健康のバロメーターと言われることもあるくらいで、爪を診ただけで健康か病気に罹患しているかが判る事もあります。爪は皮膚の一部が角質化して、それが硬い層状構造になったタンパク質のケラチンで出来ています。幼児の爪を見るとピンク色のきれいな爪をしていますが、これが健康的な爪です。胆石発作を起こすようになった方の爪の色を見ますと、健康な時代のきれいな爪色と黄疸症状が出てきた時の爪色の境目が明瞭に違うのを見かけます。

こうしたことから、ネイルケアで大事な一番目は、全身状態が健康である事になります。不規則で不健康な生活を送っていたら、爪もそれに応じた汚い爪になってしまいます。日常生活で、規則正しい生活を起こり、栄養バランスを考えた食事をとるように心がけるようにします。不健康な爪は、爪の下層の血色が悪くなり紫色になってしまいます。血行不良によるもので、貧血などと似ています。爪自体のケア以外にも全身の健康にも気を遣う必要があるわけです。

次に大切な事は、爪の水分量が十分であるように保つことです。爪には水分が含まれていますが、生活環境などに左右されやすく、特に冬場の乾燥する季節では硬く脆くなります。また単純に爪の表面を磨いてマニキュアを塗るだけでは、爪の水分は十分保持できずに表面が乾燥して割れやすくなります。お肌の水分が不足するのと似ていると思ったら分かり易いでしょう。体中の肌が乾燥しないように、居住環境を整える事も必要です。

3番目に重要な事は爪のお手入れで、爪トラブル予防のネイルケアになります。爪のトラブルには、ささくれ、割れ爪、二枚爪、巻き爪などが上げられます。こうしたトラブルは、ネイルケアをしっかりと行っていたら予防できるものがほとんどです。トラブルの根本原因には、前述の乾燥に加えて栄養不足があります。つまり、保湿と栄養補給がネイルケアの基本と言ってよいでしょう。それに爪のお手入れが加わります。基本を無視していくら爪の手入れを行っても良くなりません。爪のお手入れには、爪切り、爪やすり、キューティクルリムーバー、キューティクルプッシャー、キューティクルオイル等を使用します。キューティクルリムーバーは甘皮除去に使う除去剤で、甘皮は爪の根元に細菌が入ってくるのを防いで保護してくれますが、これが傷むとささくれの原因になります。キューティクルオイルは爪の保湿に用います。

このように普段から健康に留意し、地道なネイルケアを続けているときっと爪美人になりますよ。

ネイルのトラブルについて


ネイルケアの重要性と必要性ですが、ケアをせずにネイルをするという行為は、基礎化粧品をつけずにファンデーションをつける、洗顔をせずに過ごす、洗剤を入れずに洗濯をするのと同じです。
つまりネイルケアとはネイルをする上での基礎であり、需要なことになります。
ケアをしないでネイルをしてしまうと、爪のまわりの古い角質がそのままなのでつめの生え際ギリギリまでジェルやカラーリングを塗ることが出来ないので、きれいな仕上がりになりません。
ジェルは硬化すると縮む性質をもっているので、余計にきれいに仕上がりません。
また爪のケアに限らず、手肌のケアも重要になってきます。
手肌のケアを怠ってしまうと、シミやシワなどの衰えが手に出てきてしまいます。
手肌や爪も顔の肌の延長だと思ってお手入れをするべきなのです。
水分不足による乾燥、摩擦などによる角質の硬化、血行不良などによるくすみ、紫外線などによるしみやしわなど、手肌にも怒ってくるトラブルです。
家庭でも水仕事、仕事で手を酷使する人はとくにケアが必要になってきます。
肌と爪を守る潤い成分は水や石鹸などによって流れ出てしまうのです。
肌が濡れたままになっていると油分が足りなくなり乾燥しやすくなります。
水に触れたあとにはすぐに水分をふき取って、こまめにハンド用のローションやクリームなどでしっかりとケアをする必要があります。
ハンドケア商品の選び方としては、保湿、角質の軟化、保護膜まど、自分の手肌の状態に照らし合わせて必要な効果の製品を求め、プラスして血行促進を心がけるようにしましょう。
やわらかい手肌の場合は保湿と紫外線対策の出来る製品を使用しましょう。
固くなった角質には、尿素配合の商品を使用しましょう。
爪や指先には保湿と水分の蒸発を防ぐオイル系商品で保護膜を作りましょう。
しかし過度なケアは別のトラブルを招く可能性もあるので気をつけましょう。
爪のケアで重要なのは乾燥を予防することになります。
乾燥してかたくなってしまった爪はちょっとしたきっかけで欠けてしまったり割れたりしやすくなってしまいます。
爪に出来る縦じわも水分不足によるものです。
甘皮のケアも忘れてはいけません。
甘皮のケアをすることによって、爪の根元に水分を栄養分を送り届けることがしやすくなるのです。
爪の表面に残った古い角質を取り除くことによって、代謝が促進され、健康な爪が生まれやすくなります。
オイルやクリームを塗る際には、爪の根元を軽くマッサージするようにしましょう。

ネイルケアは丁寧に


ネイルケアで大事なこととして、基本は保湿の徹底です。ネイルサロンでのお手入れは、月に1回から2回くらいの利用が精一杯でしょうし、ジェルネイルなどをしないのであればわざわざネイルサロンでのお手入れではなく、自宅でのホームケアで、普段から自分のネイルをピカピカに維持しておくほうが良いです。ネイルサロンでも基本的なケアはできますが、サロンでのジェルやマニキュアなどをするわけではないならば、費用的にも自分で行うほうが安上がりです。

ネイルは色をのせたりするだけではなく、何よりも実は保湿が重要だと心得ましょう。爪や指先は常に露出をしていますし、外部からの乾燥をそのまま受けています。よく働く手のパーツは、とにかく乾燥をしやすいですし、それは人間の爪のパーツも、同様に乾きやすくなります。乾燥をした肌には肌トラブルが多くなりますが、爪も乾燥をした状態では割れやすくなりますし、良いことはひとつもありません。

ホーム家ケアとして自分で爪のお手入れをするのは、意外と難しくはありません。もしもネイルカラーを塗っている時には、オフをしてからケアを始めましょう。ボールにホットなお湯を用意して、少しの間指先を浸からせると、爪も甘皮も柔らかくなって処理がしやすくなります。お湯の中から指を出したら、タオルで水分オフをして、ケアを始めましょう。

爪やすりのエメリーボードを用意して、爪の形と長さを整えます。つい習慣で爪切りでカットをしたい衝動にかられたとしても、そこはぐっと我慢をしてエメリーボードです。それは爪切りだと、ひび割れを起こしやすくなりますし、二枚爪にもなりやすいためです。丁寧に爪の形状を整えて、それから甘皮の処理をします。

甘皮というキューティクルのお手入れで整えると、健やかな爪の成長を促進させることにもなります。ジェルネイルをする人や、カラーのお洒落を楽しむ人も、普段からセルフでのキューティクルを整えるお手入れをしていくことで、ジェルやカラーのもちが良くなります。

バッファーを利用して、今度は表面を磨きましょう。ネイルの表面を整えたら、キューティクルオイルを全体的に塗布します。キューティクルオイルは、甘皮のゾーンに塗布します。保湿効果が大変高いために、1日の中で数回は塗るといいでしょう。日中のネイルケアとしては、ハンドクリームを愛用すると良いです。ハンドクリームであれば、ネイルとハンド全体を、クリームで保湿ができます。

美しく保つためのネイルケア


女性であれば爪の先まで美しく有りたいと思うものですが、そのためにはネイルケアをしっかりと行うことが必要です。
そこで大事なことは正しいやり方でケアをするということが大切なことになり、間違った方法でケアをしていても良くなるどころか悪くなってしまうことがあります。
毒にも薬にもならないというのであればまだしも、綺麗な爪を保つために逆効果となるようなことをしてしまうと意味がありませんから、注意をしましょう。

正しいネイルケアというのは人それぞれ異なるものであり、爪の状態によっても異なってきます。
そのため、自身の爪の状態をよく理解してどのような方法を選んでケアをしていくのが良いのかということを考える必要があるのです。
周りの人が良いと言っている方法であっても、自身の爪の状態にいまいちあっていないというのであれば効果は半減してしまいますし、逆に回りがあまり効果がないと言っても自身の爪の状態にあったケアの方法であればそれが正しいということになります。

次に爪ばかりを気にしていても自身の健康状態をしっかりしていなければ、美しい爪の状態を保つことはできませんから、その点も気をつけるようにしましょう。
どれだけ丁寧に爪のケアを行おうとしたところで、生活習慣が悪ければ意味がありません。
爪というのはその人の健康状態を表すバロメーターのような役割も果たしていますから、本人の健康状態が悪いようであれば爪の状態も良くなることはないのです。
特に現代人というのは生活習慣が不規則になりがちであり、睡眠不足や栄養バランスの取れていない食事など体の健康を保つために大切なことができていないということも多いものです。
このような生活をしているにも関わらず、爪だけは綺麗に保っていたいというのは土台無理な話ですから、爪だけでなく自身の健康管理もしっかりと行うようにしましょう。

健康的な生活をして健康的な体を作り、その上で正しいネイルケアをすることによって綺麗な爪を保つことができるので、このようなことを忘れてはなりません。
爪に良いというクリームを使えば、サプリを飲めばそれだけで綺麗になると言った簡単な話ではありませんから、まずは基本的な部分から勉強していく必要があります。
ネイルケアというのはどうすれば良いのかということを総合的に理解した上で、正しくケアを行っていけば綺麗な爪を保つこともなることもできるので、覚えておくようにしましょう。

普段のお手入れについて

爪を美しく見せたり、そのためのお手入れはいろいろありますが、ネイルケアとはネイルの基本になります。
一般的には、爪の形を整えて甘皮処理をしたりハンドマッサージをして血行をよくしたりします。
甘皮が伸びていると、いくら素敵なカラーを塗っても美しく見えません。
まず甘皮を処理することで、爪を長く見せることができます。
甘皮が爪に被さったままだと、その部分にマニキュアやジェルを塗ることはできないので、その分短く見えてしまいます。
爪が短い方や少しでも長く見せたい方にとって、甘皮処理は効果的です。
また、甘皮は水分を奪ってしまうので爪の水分も奪うこともあります。
爪に潤いがなくなると、乾燥して割れやすくなったり欠けたり二枚爪になる可能性があります。
きちんと甘皮処理ができていないと、甘皮についたマニキュアやジェルネイルが剥がれやすくなったり、剥がれた隙間から細菌が侵入して爪に悪い影響を与える可能性もあります。
そのため、きちんと甘皮処理ができている爪は、マニキュアやジェルネイルが長持ちして爪の健康にもつながると言えます。

ネイルケアの方法は、自分でもすることができます。
ネイルカラーをつけている場合は、丁寧に落としていきます。
そして、爪の長さと長さを整えます。
この時、爪きりできると爪に負担をかけて割れやすくなるので爪やすりで丁寧に少しずつ削って形を整えていきます。
次に甘皮の処理です。
キューティクルリームーバーなどで甘皮を柔らかくしてから甘皮を押し上げます。
力を入れすぎないように優しく押し上げていきます。
取れた甘皮を、ガーゼなどで拭き取り残った甘皮をキューティクルニッパーで取り除きます。
最後にクリームなどでハンドマッサージをして完成です。
マッサージをすることで、爪の周辺の血管をほぐして血行をよくします。
アロマオイルや好きな香りを使ってマッサージするとストレス解消やリラックス効果が得られます。

ネイルケアの頻度は、ネイルカラーをつけた1週間~10日の間に1回、ジェルネイルは3~4週間に1回、スカルプチュアは2~3週間に1回が目安です。
ネイルケアはネイルサロンに行かないとできないと感じている方もいるかもしれませんが、家での水仕事や働く女性の爪は、手を使うことで様々な衝撃を受けて二枚爪やひび割れになってしまいます。
そのため、自宅での丁寧なケアが爪が傷むのを予防することができます。
ネイルサロンでプロによってお手入れすることは大切ですが、自分で日々のお手入れを行うことも大切です。